太陽光発電装置設置稼働中!

「介護老人保健施設かなえ」に続き、下永病院に70kwの太陽光発電設備を設置しました。
かなえに設置の50kwをあわせ計120kwとなり、中国四国地方の医療法人でトップ!
広島県内でもトップクラスの発電量となりました。

医療法人永和会は「21世紀を地域と共に歩む」という企業理念のもと、平成22年2月に「介護老人保健施設かなえ」の屋上に再生可能エネルギーの一種で知られております太陽光発電システム(出力50kW)を導入いたしました。
この50kWシステムは年間約53000kWhの発電を行い、約17000kgの二酸化炭素を削減します。

これは一般家庭の1年間に使用する電力の10軒分に相当し、非常に環境にやさしいシステムとなっています。

発電状況は、「介護老人保健施設かなえ」の入り口に設置しているモニターにて一般公開しておりますので是非ご覧になってください。
尚、この設備におきましては一般社団法人新エネルギー導入促進協議会の補助金を利用しております。


Copyright (C) EIWAKAI Co.,ltd.All rights reserved.